エスケープ

フルーツの甘い香りと優しい樹木の香りがマッチしたエスケープ

カルバンクライン エスケープ カルバンクライン エスケープはピーチ、アプリコット、ローズリリーの優しい香りから始まる若々しいイメージを持つフレグランスです。フローラルな香りかと思いきやどこかスパイシーな香りも感じる不思議なブレンドで、爽やかでありながら甘さも兼ね備えた個性的な香りが特徴と言えるでしょう。使用するシチュエーションとしては、モダンな雰囲気の似合う香りなだけに都会+秋〜冬がベストではないでしょうか。ボトルデザインは一見すると男性用化粧品と見間違うほどシックでシンプル、そして琥珀色の香料液。これらハードな見た目に反してスンと爽やかなで甘い香りのギャップが好印象で、すこし強めの香りがだんだんと癖になってきます。

カルバンクラインの他の香水と比べても少々癖が強く個性的な香りとなっており、また持続性があるフレグランスです。付けはじめはピーチ、アプリコット、ローズリリーのフルーティな香りで、しばらく経つとカーネーション、イランイラン、シダーの落ち着きのある香りへと変化。最後にバニラ、アンバー、ムスクの甘い香りとなります。締めが甘い香りとなるため、男性にも使えなくはない香水だと思います。前述のように持続性の高い香料となっているので、多めに使用すると匂いがキツくなりただでさえ強めの香りがさらに強調してしまうことになるので、使用量を間違えないようご注意を。

上記エスケープは女性用ですが、男性向けのエスケープも販売されています。エスケープ・フォーメンという名の男性向けエスケープはフレッシュなシラカバの葉を印象的に使用し、そこにセージやサイプレス、ヴェチヴェル、サンダルウッドなどがアロマティックに香るダンディな一品となっています。まるで男性の本能を呼び覚ますかのような大胆、かつ魅惑の香りは女性からも好印象でデートにもうってつけのフレグランスと言えるでしょう。